Report: Parents’ Lesson

We had the first Parents’ Lesson on the 15th of March.

Naturally, a little nervous to start… but soon it turned to a fun gathering!!

Hot Cross Bun5月15日、初めてのご父兄レッスン、開催しました(^^)/

私たちもご参加のMumsも少し緊張のスタートでしたが、すぐに楽しいGatheringになりました!
ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

内容は:

The D独断の強制ニックネーム制定からスタートし、それを使った自己紹介、

(The DのCheekyなネーミングにもかかわらず 皆さんスムーズにこなしていらっしゃいました!)

続いて Let’s learn!お子さんたちがレッスンでいつも使う日常英語・・ でも意味は何?

(皆さんがご存知無い言葉もありました! ネィティブの子供が日常使う様な言葉は、少し難しい単語が入っていても小さなお子さんにも覚えて頂いています(^^)/)

後半はイースターについてのトリビアクイズ、

イースターに食べられるHot Cross Bunの名前の由来で終わったクイズ、「でもそれってどんなお菓子?」と言うタイムリーなご質問を頂いて Gohan初トライのホームメイドHot Cross Bunをご賞味頂きました!

Quiz paperう~ん。。Bunの出来はちょっとイマイチでしたが(。。;)

皆さんにおいしいと仰って頂きありがとうございましたm(__)m

次回も英国文化に引っ掛けたお菓子・・ご用意できるよう頑張ってみますね(`・ω・´)ゞ

次回は7月の予定です。

ご都合よろしければご参加下さい。
(^<^)(^・^)

Gifted

 天使Hello there! 

すっかり春らしくなったAprilFoolの今日、いかがお過ごしですか?

朝の大人レッスンでGiftと言う言葉が話題になりました。

皆さんよくご存知の贈り物と言う意味ですが、これが神様からの贈り物になると・・・才能となります。

そんなGiftを受け取った少女―Gifted Girl がKidsGroupのIntermediate Level Class に居ます。

うちにやって来た時の彼女は5歳、2歳以上年上のお姉さん/お兄さんの居るグループに特例として入りました。通例ですと、お会いしても5歳で私どものレッスンについてこれるお子さんはいらっしゃった事が無いのすが、彼女は違いました。

それから約一年、読む、書く、話すのそれぞれを8歳程度のお子さんレベルにこなしています。

Kidたちは成長に合わせた学び方があり、先急ぐ必要は無いと私達は思っています。

ただ、特殊な才能を持った方もいらっしゃり、何歳以上入会可、と年齢でくくる事を止めにしたのは彼女と出会った時からでした。

彼女の成長を拝見出来る事を光栄に思っています☺☺

Moved and Touched

 天使Hello there! 

Sochi Olympics、終了しましたね。

皆さんはどんな風に楽しまれましたか?

私たちのもとには 浅田真央選手の演技に感動した、と言うメッセージがイギリスの友人たちから来ております。

心を動かす何かに遭遇した時の気持ちを表す二つの言葉、GohanのFavourite wordsでもあります。。。

I was moved…

It touched my heart…

心を動かすもの、

心の琴線に触るもの、

始めて行き会った時、この美しい表現自体に感動を覚えた記憶があります。

Olympicsの感想、エピソード、レッスンでうかがっています。(今朝のレッスンでは羽生選手についてテレビの街頭インタビューのマイクを向けられた生徒さんのお話もありました!)

皆さんのお話を楽しみにしております☺

Merry Merry Christmas to you!

午後、Kids GroupとのAfternoon Teaの体験レッスンを3 session。Cream Tea Another home made scones

これを最後に年内のレッスンは終了。明日はイギリスの親類たちと恒例のChristmasTelephoneで追われる予定です。忙しかった一年の終わり、この電話でみんなの声を聞いて、あー一年おわりなんだなーと益々感じる私たちです。

どうぞ皆様良いお年を。

そしてその前に・・・

Have a Merry Christmas!

londoneye_christmas

Christmas Journal

Gohan cut millions of Christmas cards out for the kids lessons – Looking forward to seeing what is going to happen on them!!Card Cut Outs

 At Kids lessons – Little artists are making their Christmas cards!The D and Young Artists

Ceiling decoCeiling Monsters

grey? gray?

 天使Hello there!

Kids lesson で 私たちの作ったHandoutとTextbookで「グレー」のスペルが違う、と指摘がありました。

まずはこの若く賢いメンバーに拍手です!!(゚∇゚ノノ”☆(゚∇゚ノノ”☆(゚∇゚ノノ”☆

大雑把に言って grey=英、gray=米のスペルと認識していましたが、発表する前に確認を。。と調べていた所、意外な事も耳に入りました。

厳密に言うとgrey と grayは違うトーンのグレーなんだそうです。

そして米スペルと思い込んでいたgrayと言う綴り、20世紀以前は英国内でもThe Dの啓蒙する文学者、Samuel Johnsonから擁護されていたとの事!

結局とってもGrey/Gray Zoneなお話って事みたいですね(だじゃれてすみませんm(__)m)

う~ん。。Kidsの発言から深い発見になりました。Our smart youngsterに感謝です(^^)/

今回の色々→コチラで詳しく語られています。

77 Years

Wimbledon、皆さんご覧になっていましたか?

After 77 years the wait is over for a men's Wimbledon champion as Andy Murray beats Novak Djokovic - The Telegraph

After 77 years the wait is over for a men’s Wimbledon champion as Andy Murray beats Novak Djokovic – The Telegraph

今年はBritishにとって特別な Wimbledon となりましたねwlEmoticon-rainbow.png

長い間Tennis Heroが居なかった地元イギリスに、Andy Murrayが優勝の栄誉をもたらしました。そのMissing Periodはなんと77年!

最後の双方譲らぬ熱戦も感動的でした!

今週末からのレッスンでは今年のWimbledon決勝のEpisodeをThemeに致します。

男子決勝のみならず、女子決勝にも感慨深いものがあったGohanですwlEmoticon-angel.png

優勝者と準優勝者はFrenchとGermanの二人。勝利が決定した後のインタビューで、二人は互いのplayを称えあい、良きライバル振りをさわやかに表わしていました。国籍の違う二人がにこやかに称え合う事の橋渡しをしたのは英語と言う言語・・・スポーツは言葉のいらない誰もが時間を共有できる素晴らしいものですが、言葉のshareはそれをもう一つ先へ進めるtoolである事を実感し、とても感動的な場面でした。

試合が残した様々な言葉、WimbledonTennisの歴史等をquizに教材をご用意いたします。どうぞお楽しみに(^^)/

画像のリンクからTheTelegraphの記事、勝利の瞬間の映像がご覧いただけます☆ミ

Maggie Thatcher, the Iron Lady

wlEmoticon-smile.pngHi there, Gohanです。

大人の生徒さんたちとは通常のTextbookを離れ、先日亡くなったイギリスの元首相、Margaret ThatcherをThemeにしたレッスンウィークが昨日からスタートしました。

私とD世代にとってThatcherの時代と言うのは色々な意味で忘れる事のできないperiodです。

多くのイギリス人にとってturning pointとなった時代を作った彼女、その死によって今、多くのイギリスの人々がかつて彼女が政治家として行った事を(やや激しく)とり上げているのも無理の無い事と思います。

レッスンはFact Fileに加え、Dの青春時代の目を通したThatcher像、Gohanの在英時に周囲のイギリス人たちが語った事を交えながら、進めます。

80年代の彼女とった政策と現代のイギリスの関係、文化、世相等々に触れて頂ける機会になれば幸いですwlEmoticon-star.png

・・・このtheme、Dの熱の入りようがすごくてレッスン中の手綱引きが大変なGohanですwlEmoticon-sleepysmile.png 何時間話しても話し足りないそうですので(笑)

Margaret Thatcher: how the papers covered her death -The Telegraph takes a look at how British and world newspapers covered the death of Margaret Thatcher.